foodtagcommunity

【食で繋がるコミュニティ】

スポンサーリンク

柔らか豚ばらロールと林檎のサッと煮【リンゴのレシピ】

スポンサーリンク

『リンゴ』の成分でお肉が柔らかくなるのは皆さんもご存知ですよね?

でも、

 

この料理の調理法で肉は柔らかくなりません。。。

 

なぜって?

 

その必要がないのです。

リンゴの力を借りるまでもなく、お肉は最初から『柔らか~く』食べることができるのでご安心を。

柔らかくてジューシーな『豚バラ肉とリンゴのハーモニー』をお楽しみください。

⚠️ちなみに

肉類を『リンゴ』で柔らかくしたい場合は、リンゴを【すりおろして】、肉と一緒に漬け込んで20分~30分冷蔵庫で寝かせておきましょう!

◼️目次◼️


f:id:foodtag:20201207002114j:image

材料(2人前)

⚫️豚バラスライス切り落とし/約250g

⚫️卵/1個

⚫️大根/約100g

⚫️リンゴ/約100g(約半個分)

⚫️なす/1本

⚫️サラダ油/大さじ1

⚫️酒/100cc

⚫️みりん/50cc

⚫️めんつゆ(追いがつおつゆ)/150cc

⚫️酢/小さじ 1

⚫️水/200cc

⚫️カイワレ/適量

リンゴの栄養

リンゴには【食物繊維】や【カリウム】が多く含まれています。

高血圧や動脈硬化などの『生活習慣病の予防』に効果が期待できます。

『リンゴは医者を遠ざける』

なんて名言もあるくらいです。

またリンゴには【リンゴ酸】という成分が含まれています。

リンゴ酸は鉄分の吸収を助けるので『貧血の予防』になったり、他にも『胃腸の働きを良くする』『殺菌作用がある』など、様々な効果が期待できます。

作りかた

①下準備

  1. 茹で玉子を1個つくります。(水から入れて、沸騰したら【弱火】にして7分くらい)殻を剥いておきましょう。
    f:id:foodtag:20201206225851j:image
  2. 『リンゴ』をくし切りにして、さらに半分にカットします。
    f:id:foodtag:20201206223201j:image
  3. 『大根』を0.5~1cmくらいで輪切りにして、いちょう切りにします。
    f:id:foodtag:20201206223504j:image
  4. 『なす』を縦半分にカットして、写真のように切れ目を4つ入れます。(ヘタは付けたままにします)
    f:id:foodtag:20201206224225j:image
  5. 作業台にラップを敷いて『豚バラ肉スライス』を長さが30cmくらいになるように並べます。(写真は10cmくらいのスライス肉を3枚ずつ、少し重なるように並べています。)
    f:id:foodtag:20201207190605j:image

  6. くるくると巻いていきましょう。
    f:id:foodtag:20201206224657j:image
  7. 緩く巻いて適当な大きさになるように巻いていきます。(キツく巻くと煮込む際に味が入りにくくなります)
    f:id:foodtag:20201206224919j:image

②調理

  1. フライパンに『サラダ油』を引いて『豚バラ肉』と『なす』を【強火】でサッと表面だけ焼きます。
    f:id:foodtag:20201206225111j:image
  2. 鍋に『酒』と『みりん』を入れて【強火】で煮切ります。(アルコールを飛ばす)⚠️炎が上がるので気を付けましょう。
    f:id:foodtag:20201206225257j:image
  3. アルコールが飛んだら一度火を止めて、鍋に『めんつゆ』『水』『酢』を入れて『なす』以外の具材を入れます。
    f:id:foodtag:20201206225944j:image
  4. 【中火】で沸かして、沸騰したら【弱火】で10分煮込みます。10分経過したら『なす』を入れて、さらに5分煮込みます。(大根に楊枝がスッと入るくらい)
    f:id:foodtag:20201206230332j:image

リンゴの食感を残したい場合は、『煮汁』が沸騰した後のタイミングで入れましょう。

③仕上げ

  1. 茹で玉子を半分にカットして、器に盛り付けます。(『煮汁』もおいしいので少し入れてあげましょう)
  2. 『カイワレ』を乗せて出来上がりです。

    f:id:foodtag:20201206235925j:image

豚肉とリンゴを一緒に食べてみてください。

意外とイケますよ!

甘くないリンゴの使い道には持って来いです。

 

是非お試しください。

 

読んでくださってありがとうございました。