foodtagcommunity

【食で繋がるコミュニティ】

スポンサーリンク

居酒屋レストランのドリンク原価【飲み放題ってお得なの?】

スポンサーリンク

◼️目次◼️

f:id:foodtag:20200922171743j:image

飲食店で飲む生ビール…中ジョッキ¥500はお得

生ビールは中ジョッキ約400ml(泡込み)の場合、原価は160円程度です。

(ブランドによって160円~200円になるものもあります。)

 

一般的に20リットル(仕入れ値10‚000円)の生樽から、中ジョッキ約400ml(泡込み)で65杯取れるとしています。

 

一杯あたり約154円です。

 

ただしロスやビールの量と泡の量が注ぐ人によって一定にならないので、一杯あたりの原価は『約160円』と考えてよいでしょう。

販売価格を求める計算式は

原価÷原価率=販売価格

良心的な店なら原価率は平均30%ですから

160円(原価)÷0.3(原価率)=約533円(価格)

となります。

ただし、中ジョッキの規格は

『350ml~500ml』

ピルスナー(足のついたグラス)の場合

『320ml~400ml』

と大きさに差があります。

 

使用するグラスが

『350ml~400ml』なら

1杯あたり500円~550円が妥当な販売価格と言えます。

 

『400ml~500ml』なら

550円~600円でも妥当でしょう。

(ただしグラスが大きくなっても、その分泡の量も多くなるので、ビール自体の原価はそんなに変化しません)

 

気になる方は『中ジョッキの量はどれくらいですか?』ってスタッフに聞いてみてくださ

い。

 

生ビールの価格を目安にすれば、その店が高い店か安い店かの判断材料になりそうです。

 

意外と知らない驚きのドリンクの原価

各ドリンクの原価は

⚫️生ビール150円~

適正価格¥500(原価率30%)

 

⚫️ハイボール50円~80円(ウイスキーの種類や量により異なります。)

適正価格¥500~¥800(原価率10%前後)

 

⚫️カクテル30円~100円(内容や使用するお酒の種類により異なります。)

適正価格¥300~¥1‚000(原価率10%)

 

⚫️ウーロンハイ30円~40円

適正価格¥300~¥400(原価率10%)

 

⚫️各酎ハイ80円~

適正価格¥400~(原価率20%~)

 

⚫️ソフトドリンク10円~30円

適正価格¥200~¥600(原価率5%)

(ファミレスのドリンクバーは1杯あたり5円~と言われています。)

 

原価率の設定は各店によって異なりますが、いかに飲食店がドリンクで儲けているかがお分かり頂けるでしょう。

 

カクテル、ハイボールは『安くて濃い』が良心的

カクテルの公式レシピで作られたものであれば、スピリッツ(ベースとなるアルコールの種類)によって多少の差はあるものの、平均『700円』が妥当な販売価格です。

(フルーツなどが付属する場合は割高)

 

ソーダやジュースで割るようなカクテル(ハイボール)なら、アルコールの割合が適量かどうか、アルコール度数が適正かを判断しますが、わざわざそんなことを気にして飲む人はいないでしょう。

 

普通にアルコールを感じ取れて、『500円~600円』なら『良心的な値段かな』と思ってよいでしょう。(グラス300ml~350ml)

 

飲み放題は得なのか損なのか?TPOで使い分けるのが正解

飲み放題の場合は何を何杯飲むかによります。

飲み放題は『2時間1500円』としている店が一般的でしょう。

単品価格500円の生ビールを3杯飲むのと同じです。

『元』を取ろうと思うと原価30円のカクテルなら『50杯』以上、原価160円の生ビールでも10杯飲まないと『元』を取ることはできません。

ビールはともかく、カクテルは厳しそうです。

 

では一般的に2時間の間にどれくらい飲めるのでしょう?

 

2時間で飲める平均は、

女性で4杯~5杯

男性でも5杯~6杯

と言われています。

 

2時間ただ黙々と酒を飲むだけならもう少し飲めるのでしょうが、会話したり食事を楽しみながらであれば、2時間だと5杯前後が平均になるのでしょう。

 

飲み放題は、ドリンク原価で『元を取ろう』と考えるより、『ドリンク単品で頼むより得かどうか?』を考えたほうが良さそうです。

何よりお酒は楽しく飲むのが一番ですから。

 

一般的な居酒屋の単品ドリンク価格の平均は700円前後です。

3杯以上飲むことが確定なら、飲み放題にしたほうが圧倒的にお得だといえます。

(飲み放題価格1‚500円~2‚000円の場合)

 

ただし飲み放題とは言え、注文できるドリンクに制限があります。(店により異なります)

『飲み放題専用メニュー』の中からの注文となるので、飲みたいものを飲めないというリスクはあります。(原価の高い生ビールは含まれないとか)

 

しかも店によっては、飲み放題用に作るカクテルのアルコール量は通常のものより少ないとも言われます。。。

 

とりあえずたくさん飲みたいと言う人にとっては『飲み放題』はお得なのかもしれませんが、そうでなければTPOによって使い分けたほうがよさそうです。

 

読んでくださってありがとうございました。