foodtagcommunity

【食で繋がるコミュニティ】

驚愕!飲食店で働くとうつ病になりやすい?~3つの危険な行動とその解決策~【飲食店働き方改革】

人は脳が壊れるとどうなるか?

簡単に言えば、

自分の意思や気持ちとは無関係に

体の至るところに異常が発生します。

どんなにやる気があっても、

体が拒否反応を起こすのです。

倦怠感に始まり、

体の痛みや頭痛、腹痛、嘔吐

時には動悸が激しくなり、

呼吸困難にさえ陥ります。

ところが医療機関で、

いくら身体を精密検査したところで

悪いところは何一つ見つかりません。

これが

『精神障害』という恐ろしい病気なのです。

f:id:foodtag:20210408003226j:image

休まないことが『仕事ができる人』だと思っていませんか?

原因その1

自律神経が正常に機能していない』

 

『休み返上で働いてる自分は仕事ができる、頑張ってる!』

こんなことを思う人は、

自律神経が不安定になっているかもしれません。

 

自律神経とは

『交感神経』と『副交感神経』

をコントロールしています。

簡単に言えば、

『働け!』『休め!』という指示を

バランスよくコントロールしているわけです。

このコントロールが狂い始めると、

『働け』だけが優位になったり、

『休め』だけが優位になったりします。

これが極端にひどくなれば

『うつ病』

『自律神経失調症』

『パニック障害』

『不安神経症』

『過敏性腸症候群』

などの精神障害を起こすだけでなく

身体のあちらこちらに異常が発生します。

 

休みの日は休みましょう。

どんなにやり残した仕事があっても、

休みの日に職場に行ってはいけません。

あなたがいなくたって店はなんとかなります。

 

飲食店などのサービス業で働いていると、

『テンションコントロール』

というものが必要です。

テンションを

『off』の状態から突然『on』に

スイッチを入れるといった感情や行動の変化です。

突然の来客などに対応できるように、

脳はこの『on』と『off』の切り替えを激しく行っているのです。

この時の脳は、

常に緊張しているような状態になります。

この緊張が長く続くと

『on』と『off』の切り替えがうまくいかず、

ずっと『on』のままになったり、

ずっと『off』のままになったりします。

これが『自律神経失調』『うつ病』の始まりなんです。

これを回避する方法は簡単です。

『定期的にしっかり休むこと』

4~5日に1日は休むことです。

 

自分が休んでも不安にならないように、

信頼できる『自分の代役』を育てておく事も

重要になります。

 

自律神経を整える方法は

さまざまありますが、

まずは規則正しい生活が必要です。

飲食店で働いていると、

比較的『夜型』の生活になりがちです。

そのため体内時計が狂ってしまい、

『睡眠が浅くなる』

などの問題が生じます。

自律神経にとって睡眠はとても重要。

人間は太陽の光を浴びてから、

15時間後に眠たくなるようになっています。

決まった時間に

しっかり太陽の光を浴びて

いつも決まった時間に寝ること!

これが出来れば自律神経のスイッチも

正常に機能するでしょう。

また、

7時間半~8時間以内の睡眠時間がオススメです。

睡眠は少なすぎても多すぎてもよくありません。

 

次に

『半身浴』をすることです。

体温よりも

2℃~3℃高い温度(38℃から40℃くらい)

のお湯を胸の下くらいまで張ります。

20分~30分浸かりましょう。

これを毎日続けるだけで自律神経が整ってきます。

 

時間に余裕のある人は『マインドフルネス』がオススメです。

(Amazon商品紹介)

寝る前の30分くらいで出来る簡単な瞑想法です。

目を閉じてリラックスし、

イメージと腹式呼吸を繰り返すことで

自律神経を整えて

脳も体もリフレッシュすることができます。

 

休みの日は思いっきり遊びましょう。

自分が好きな趣味でもなんでもOKです!

『プライベートが充実してる人は、仕事もできる』と言われています。

仕事は仕事。

プライベートはプライベート。

しっかり振り幅を振りきって、

同じくらい楽しむことです。

 

仕事に対してやる気を失っていませんか?

原因その2

『正しい目標設定ができていない』

 

『ドーパミン』

という名前を聞いたことがあるでしょうか?

幸福を発生させる脳内物質です。

幸福物質とも言われています。

ドーパミンは簡単に言うと、

『ドキドキ』したり

『ワクワク』したりさせる物質です。

ドーパミンが分泌されると、

幸福感を得て

『やる気』や

『モチベーション』が上がっていく

というメカニズムになっています。

まさに

今のあなたに必要なものではないですか?

では、

どうしたらこのドーパミンを効率良く分泌させられるのでしょうか?

ドーパミンは行動を起こさないと分泌されません。

座って考えているだけでは幸福はやってこないのです。

また

ドーパミンは報酬(ご褒美)がないと出てきてくれません。

 

こんなワガママな物質を

簡単に呼び出す方法が2つあります。

1つは目標を設定する事。

2つ目は目標を達成する事です。

  1. 目標を考えてそれに取り組み行動し始めると『ドキドキ』『ワクワク』してきます。ドーパミンの出動です。
  2. その目標が達成されると達成感というご褒美がもらえます。ここでまたドーパミンの出動です。

目標を決めて達成されるだけで、

2回もドーパミンが分泌されて

幸せを感じることができる。

その上、

やる気とモチベーションも上がというわけです。

そもそもモチベーションとは

『目的意識』という意味ですから、

モチベーションを上げたいなら、

常に目標設定と目標達成を繰り返していれば良いわけです。

 

大きな目標は一見派手に見えて

達成感も大きそうですが、

ドーパミンの分泌には不向きな目標です。

大きな目標も結構ですが、

3日くらいで達成できる

『程よい難易度の目標』

を立て続ける事のほうが、

よっぽど有意義で幸福になれるのです。

それだけで仕事が楽しくなります。

また、

ドーパミンは食事前と食事中にも分泌されます。

目標達成の暁には、

自分へのご褒美に美味しいものを食べに行ってみてはどうですか?

 

ドーパミンの分泌状況は

『うつ病』にも大きく関わっています。

やる気がでない状態は

ドーパミンやノルアドレナリンが不足して、

活動性が低下しているのです。

自律神経が

ずっと『off』になっているような状態でもあります。

こうならないためにも、

やはり

規則正しい生活と定期的な休日、

適度なテンションコントロールによって

自律神経を正常に保っておくことが

仕事のやる気を失わないために

必要なことと言えるでしょう。

 

ヤバっ!店で孤立してる!?

原因その3

『自分のことばかりで視野が狭くなる』

 

『周囲の人間がついてこない』という

どこの社会にもありがちなことですが、

実際は周りがついてこないのではなく

『あなた自身が周りを見ていない』

あるいは

『見えていない』

ことが原因かもしれません。

 

自律神経の異常やうつ病の初期症状には、

不安ばかりが先だってしまって

『周りを見る余裕がなくなる』

といったことがよくあります。

人の心配より自分の心配を優先しがちになるからです。

 

そのせいで誰かが困っていても助けることも出来ないし、

気付いてあげることすらできないのです。

もしかすると

気付いていても気付かない振りをしているかもしれません。

すると周りから

『役立たず』

というレッテルを貼られてしまい、

気がついたら孤立してしまっているわけです。

こうなると自信もやる気もなくなって、

どんどん負の連鎖にはまってしまいます。

 

うつ状態は

活動性が低下していますから、

動きたくても動けなくなっている場合があります。

 

できないことがあるなら

誰かに任せてしまえばいいし、

疲れているなら休んでいいんです。

もっと

仲間や上司や部下を頼ればいいのです。

 

まずは大きく深呼吸して、

広い視野を持って全体を見回してみましょう。

 

誰かがピンチの時には一早くフォローに入れるように、

トラブルが起きたら誰よりも早く対処できるように、

皆の頼れる存在になれるように、

心に余裕を持って仕事をしましょう。

 

この記事は、

著者の実体験に基づいて書かれています。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。