foodtagcommunity

【食で繋がるコミュニティ】

コレステロールは体に悪いものだと思っていたら大間違いだった!!

なんとなくコレステロールって体に悪いものだと思っていませんか?

悪玉コレステロールなんて聞くと尚更、

ネガティブなイメージが膨らむばかりです。

でも、、、

コレステロールの何がどう悪いのか?

そもそもコレステロールっていったい何なのか?

実はあまりよくわかっていないんですよね。

そこで

【コレステロール】について、

ちょっと深く首を突っ込んでみようと思います

f:id:foodtag:20210225014708j:image

 

コレステロールっていったい何?

コレステロールとは、

肝臓で作られている脂質の一つです。

コレステロールには、

おそらく皆さんもご存じの

善玉コレステロール

悪玉コレステロール

があります。

善玉コレステロールとは、

HDLコレステロール』とも呼ばれ、

体内の血管や組織などから、

余分なコレステロールを回収して

『肝臓』へ運んでリサイクルしてくれる、

言わば清掃車の役割を担っています。

対して

悪玉コレステロールは、

LDLコレステロール』とも呼ばれ、

『肝臓』で作られたコレステロールを全身に運んでくれる、

言わば運搬車の役割を担っています。

このように、

役割によって2つに別れていますが、

コレステロール自体は1つの物質であると考えてください。

善玉コレステロールは

余分なコレステロールを回収、

リサイクルする『清掃車

悪玉コレステロールは

新しく作られたコレステロールを

全身へ運ぶ『運搬車

悪玉コレステロールはなぜ『悪』と称されるのか?

f:id:foodtag:20210225014733j:image

どうして悪玉(LDL)コレステロール

コレステロールの運搬』という役目を立派に果たしているにも関わらず、

』と呼ばれてしまうのでしょう?

実は

LDL』は必要以上に増え過ぎてしまうと、

動脈硬化

の起因となってしまうのです。

これが『悪玉』と呼ばれるようになった所以だと言われています。

逆に

善玉である『HDL』は、

余分なコレステロールを回収して廻るので、

動脈硬化を抑制する働きを持っています。

ですから

悪玉コレステロールは必要以上増やさずに

善玉コレステロールを減らさない。

双方のバランスが取れた状態』であれば、

コレステロールによる動脈硬化は起こらないというわけです。

また、

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化すると、

【過酸化脂質】

という有害物質に変異して動脈硬化を進行させます。

過酸化脂質を予防するには

抗酸化作用のある

ビタミンA・C・E

ポリフェノール

などを摂取するようにしましょう。

例えば

ビタミンEを多く含む『植物油』

毎食小さじ1杯程度

食事に取り入れることで、その効果が期待できます。

 

コレステロールが引き起こす病気

f:id:foodtag:20210225014749j:image

コレステロールが引き起こす重大な病気に、

脂質異常症

動脈硬化

脳梗塞

心筋梗塞

などがあります。

正常な人であれば、

血液中の悪玉コレステロールと善玉コレステロールは、

一定の量をキープしてバランスを保っています。

しかし、

運動不足食生活の乱れや不摂生によって

血液中のコレステロール濃度のバランスが崩れると

脂質異常症

の原因となります。

脂質異常症は、

血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が大幅に増加している状態。

あるいは善玉コレステロールが大幅に減少している状態です。

こうなると

清掃役の善玉コレステロールの仕事が追い付かないので、

血管内に汚れ(余分な悪玉コレステロール)がどんどん溜まってしまいます。

これを放っておくと、やがて

動脈硬化

を引き起こしてしまうわけです。

さらに動脈硬化によってできた血栓(血の塊)が、血管を詰まらせて

心筋梗塞脳梗塞

なりやすい状態になっていきます。

これらは血液中で起こっていることなので、

自覚症状はほとんどありません。

健康診断で指摘されて初めて知るケースが多いのです。

心筋梗塞】や【脳梗塞】は

突発的に襲われる病気なので、

脂質異常症】の段階で早期発見できれば、

リスク回避も可能になるでしょう。

やはり、

健康診断は定期的に受けるべきなんですね。。。

 

 

それでもコレステロールは体に必要なものだった

f:id:foodtag:20210225014833j:image

では、

様々な病気の原因ともなりうる

コレステロール』は

体に悪いもの、

必要ないものなんでしょうか?

実はコレステロールは、

『脳神経や筋肉の働き』

『細胞膜やホルモンの生成』

には欠かせないとっても重要な物質なんです。

もしも

体内からコレステロールがなくなったら

肌はカサカサ髪はバサバサに乾燥し

免疫力が低下し、細菌にも感染しやすくなります。

さらに、

血管の細胞が弱くなって

脳内出血

が起きやすくなったりもします。

また、

コレステロールが足りないと

【うつ病】の進行を早める

といった調査結果も出ています。

コレステロールは、

善玉と悪玉の両方が相互作用することで、

【ホルモン】【ビタミンD】【胆汁酸】

などを体内で生成する際の材料にもなります。

このように『コレステロール』は

健康な体を構成するための

様々な役割を持った必要不可欠なものなのです。

 

健康であればコレステロールはさほど気にすることではない

f:id:foodtag:20210225015343j:image

日本では、厚生労働省による

「食事摂取基準」(2015年度版より)

においてコレステロールの摂取上限値が撤廃されています。

これは、

健康な人であれば、食事によるコレステロールの摂取を気にする必要がない

ということがわかったからです。

 

私達の体が健康かつ正常に機能していれば

食事で摂取したコレステロールが少ない

                                    ↓

体内で作られるコレステロールが増加

逆に

食事で摂取したコレステロールが多い

                                    ↓

体内で作られるコレステロールが減少

という仕組みになっているからです。

また

食事から摂取されるコレステロール量は、

体内で作られているコレステロール量の

『1/7~1/3』平均しても『1/5』程度

と言われています。

つまり、

よほどの不摂生や高脂肪食品の過剰摂取をし続けない限りは、

血液中のコレステロール値に影響することはほとんどないと言うことなんです。

私たちが日頃よく口にするコレステロールを含む食品、

例えば肉類鶏卵には【タンパク質】を始め非常に多くの栄養素が含まれています。

コレステロールを含む食品を極端に減らしてしまうと、

逆にタンパク質不足によって体に悪影響を起こすかもしれません。

脂質異常症や動脈硬化症などの診断を受けていない健康な状態であれば、

コレステロールはそんなに気にするようなものではないのです。

むしろ気にしすぎてストレスを感じたり、

栄養バランスが崩れてしまうことのほうが、

よほど危険なことかもしれません。

 

善玉と悪玉のバランスが大事!

f:id:foodtag:20210225015600j:image

コレステロール値は善玉と悪玉のバランスがとても重要です。

健康診断の結果をみて

悪玉(LDL)の値が基準値内だからといって安心してはいけません。

悪玉(LDL)値が正常でも、

善玉(HDL)値が低ければ、

深刻な病気になるリスクは十分にあるのです。

また、

LDL値が低すぎても何らかの病気の可能性があります。

コレステロール値は、

正常値や基準値をクリアしていれば健康と言うわけではなく、

『善玉と悪玉』双方のバランスが重要なのです。

血液中のコレステロール濃度が一定に保たれていることで、

命に関わる病気を避けることができるのです。

 

 

コレステロールと上手に付き合う食生活

f:id:foodtag:20210225015616j:image

コレステロールのバランスが崩れてしまう原因の多くは、

やはり『食生活』にあります。

暴飲暴食や高脂質な偏食は、

悪玉コレステロールを増加させてしまいます。

コレステロール濃度を一定のバランスに保つためには、

食事のバランスも一定に保たなくてはなりません

炭水化物(お米、パン、麺類)や、

卵、肉、魚、野菜、大豆食品、

牛乳や豆乳などの乳製品、植物性油脂など。

これらを適量1日の食事にバランスよく振り分けていれば、

コレステロールで悩むことなんて

ほとんどなくなるでしょう。

 

もしも

『LDLコレステロール値』が基準値を大幅に超えてしまっていたら、

コレステロール含有量の多い食品は控えることです。

コレステロール含有量の多い食品の代表的なものには、

鶏卵魚卵レバー(肝)脂肪の多い肉類

バターチーズなどがあります。

これらの食品の摂取を控え、

*【水溶性食物繊維

1日に25~30グラム摂取すれば、

LDLコレステロール値を下げることができるかもしれません。

*(水溶性食物繊維については後ほど詳しく説明しています)

また、

菓子類の過剰摂取やアルコールの過剰摂取、

間食、夜食などもコレステロールバランスが崩れる原因になるので注意が必要です。

もしも

善玉(HDL)コレステロール値が基準値に満たない(大幅に低い)場合には、

食事よりむしろウォーキングなどの

適度な運動』を行うことで増やすことができます。

 

コレステロールと上手に付き合うには~

適切な量、かつ5大栄養素のバランスがとれた食事をよく噛んでゆっくり食べること
肉類中心の食事ばかりでなく、魚や大豆食品、食物繊維を取り入れた食事を増やすこと。
間食やアルコールは極力控え、高コレステロール食品を過剰に摂取しないこと。
適度な運動を行うこと。

これらが実践できれば、

上手に『コレステロール』とお付き合いできるはずです。

 

コレステロール値を正常に保つ秘訣

f:id:foodtag:20210225015747j:image

最も重要なポイントは、

『コレステロールの排泄量を増やすこと』

仮に食事によってコレステロール過多になってしまっても、

コレステロールをうまく体外排泄できていれば、

体内に余分なコレステロールをためなくて済みます。

コレステロールをスムーズに体外排泄させるには、

●納豆

●モロヘイヤ

●オクラ

●わかめ

●きのこ

●やまいも

●果物

といった

水溶性食物繊維】を食事に取り入れ

よく噛んで食べることです。

また、

緑茶に含まれる

カテキン】は、

悪玉コレステロールの吸収を抑制する働きがあると言われています。

 

まとめ

コレステロールに『悪いイメージ』を持たせているのは、

コレステロール0ゼロ』とか

悪玉コレステロールを減らす○○

とアピールする商品の増加によるせいもあるでしょう。

特に食用油は過剰にアピールしているのをよく見かけます。

しかし『植物油』は

コレステロール0ゼロ』が当たり前なんです。

キャノーラ油オリーブオイルなどの植物油には、

もともとコレステロールは含まれていないのですから。(笑)

コレステロール動物性油脂に多く含まれる物質であり、

植物性油脂には含まれていません

わざわざ

『コレステロール0』

と大袈裟にラベリングするほどのことではないのです。

(マヨネーズは別ですけどね。。。)

『コレステロール』は

体内でも作られていて、

バランスのとれた食事と適度な運動によって

きちんと濃度のバランスを保っていれば、

決して体を害するものではなく

むしろ

『健康な体を構成するために必要な材料である』

ということがお分かりいただけたでしょうか?

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。