foodtagcommunity

【食で繋がるコミュニティ】

スポンサーリンク

真鱈とサツマイモの南蛮漬け【すし酢を使って簡単お酢料理】

スポンサーリンク

『すし酢』には、米酢をベースに食塩、砂糖(糖類)、商品によっては昆布だしなどが配合されています。

酢を使った料理のほとんどは砂糖と塩を使いますが、『すし酢』を使えばその必要もなくなります。

穀物酢を使うよりも『すし酢』を使ったほうが、簡単においしく味付けできるわけです。

◼️目次◼️

f:id:foodtag:20201101002718j:image

材料

⚫️真鱈/300g

⚫️さつまいも/約180g

⚫️人参/約60g(半本分)

⚫️たまねぎ/約70g(少半個分)

⚫️パプリカ赤/約80g(半個分)

⚫️冷凍ブロッコリー/60g

調味料A

⚫️塩/少々

⚫️こしょう/少々

⚫️片栗粉/適量

⚫️揚げ油/適量

調味料B

⚫️寿司酢/150cc

⚫️おろしにんにく/10g

⚫️めんつゆ/50cc

⚫️赤唐辛子/1本

⚫️鶏ガラスープの素(顆粒)/4g

 

この料理は【ミツカン すし酢(昆布だし)】を使用しています。

(Amazon商品紹介)

ミツカン すし酢 昆布だし入り 360ml
 

 

作りかた

①下準備

  1. 『人参』は千切りに、『たまねぎ』と『パプリカ』はスライスにします。
  2. ボールとザルを使って、まとめて水でさらします。
    f:id:foodtag:20201031234550j:image
  3. 5分ほど水でさらしたら、よく水気を切って置いておきます。
  4. 『冷凍ブロッコリー』をレンジで加熱します。(生ブロッコリーの場合は下茹でしておきます)
    f:id:foodtag:20201031234943j:image
  5. 『さつまいも』をスティック状にカットします。
    f:id:foodtag:20201031234930j:image
  6. 『さつまいも』を『片栗粉』でまぶします。(ザルなどを使って余分な粉は落としましょう)
    f:id:foodtag:20201031235037j:image

  7. 『真鱈』を適当なサイズにカットして、キッチンペーパーなどでよく水気を吸い取ります。
  8. 水気が取れたら、軽く『塩』『こしょう』をふります。(既に塩で加工されているものは、塩はいりません)
    f:id:foodtag:20201031235359j:image
  9. カットした『真鱈』に『片栗粉』を付けます。(身が崩れないように一個ずつ丁寧に付けましょう)
    f:id:foodtag:20201031235523j:image
  10. 『赤唐辛子』を輪切りにします。

②野菜ダレを作る

  1. 『調味料B』をすべて鍋に入れて、一煮立ちさせます。(沸騰したらすぐに火を止めます)
    f:id:foodtag:20201101000627j:image
  2. 水気をよく切った『人参』『パプリカ』『たまねぎ』と『ブロッコリー』を鍋に入れてよく混ぜ合わせ、10分~15分ほど放置します。(必ずタレが熱いうちに野菜を入れましょう。温度が下がっていく過程で味がよく染み込んでいきます)
    f:id:foodtag:20201101000751j:image

③揚げる

  1. 野菜ダレを馴染ませてる間に『さつまいも』と『真鱈』を揚げます。
  2. まずは『さつまいも』を揚げます。揚げ色が付いたら取り出して、油を切っておきます。
    f:id:foodtag:20201101000836j:image
  3. 『真鱈』を揚げます。揚げ色が付いたら取り出して、油を切っておきます。
    f:id:foodtag:20201101001316j:image

④仕上げ

  1. ボールなどの容器に、揚がった『さつまいも』と『真鱈』を合わせます。
    f:id:foodtag:20201101001432j:image
  2. 『さつまいも』と『真鱈』の上から野菜ダレをかけます。
    f:id:foodtag:20201101001649j:image
  3. 5分ほど放置します。時間をおくほど味が染み込みます。
  4. 器に盛りつけて、レモン、イタリアンパセリなどを飾って出来上がりです。
    f:id:foodtag:20201101002032j:image

すし酢の酸味と旨味がさつまいもの甘味を引きたて、ふっくらと揚がった真鱈との相性も抜群です。

冷蔵庫で寝かせれば、前菜としても味わえます。

是非お試しください。

 

読んでくださってありがとうございました。