foodtagcommunity

【食で繋がるコミュニティ】

スポンサーリンク

トムヤンクンつけ麺『かっぱえびせん』を使った時短レシピ

スポンサーリンク

■目次■

f:id:foodtag:20200820163639j:image

今回はこちらと
f:id:foodtag:20200819224346j:image

こちら
f:id:foodtag:20200820002233j:image

を使って『トムヤンクンつけ麺』を作ります。

 

『野菜一日これ一本(一杯)』は1日たったの200mlで【野菜を30品目】摂取できる非常にお手軽な健康サポート飲料です。

さらに【カルシウム】を多く含む『かっぱえびせん』を使って、海老の芳ばしさを加えます。

えびせんに含まれる『小麦粉』がスープに適度な濃度をつけるので、麺とスープが絡みやすくなります。

栄養たっぷりのトムヤンクンつけ麺です。

材料(1人前)

⚫️野菜一日これ一本(一杯)/200cc

⚫️かっぱえびせん/12g(ミニパック1袋分)

⚫️生麺/120g程度

⚫️お好みの海老/約45g
(今回は殻付き無頭バナメイエビ使用)

⚫️パクチー/1本

⚫️おろしにんにく(チューブ)/2g

⚫️おろししょうが(チューブ)/2g

⚫️豆板醤/10g

⚫️オリーブオイル/大さじ1

⚫️酒/大さじ1

⚫️赤唐辛子/1本

⚫️豆乳(または牛乳)/50cc

⚫️水/100cc

⚫️ナンプラー(または醤油)/小さじ2

⚫️レモンスライス/3枚

⚫️ミニトマト/2個

⚫️お好みでレモングラス(ドライ)/3本程度f:id:foodtag:20200820001055j:image

作りかた

①下準備

  1. 『パクチー』を葉と茎に分けます。
    f:id:foodtag:20200819223548j:image
  2. 『パクチー』の茎をみじん切りにします。
    f:id:foodtag:20200819223614j:image
  3. 『かっぱえびせん』をポリ袋などに入れ、瓶の底などを使って粉々に砕きます。
    f:id:foodtag:20200819223847j:image
  4. 『海老』の下処理をします。(冷凍品なら解凍、殻を向く、背わたを取るなど)
    f:id:foodtag:20200819224249j:image
  5. 麺を茹でるお湯を沸かしておきます。
  6. レモンを3枚スライスします。
  7. ミニトマトを半分にカットします。

②トムヤンクンスープを作る

  1. フライパンに『オリーブオイル』を引いて『海老』を炒めます。(弱火)
    f:id:foodtag:20200819225501j:image
  2. 『海老』に赤く色が付いてきたら、『砕いたかっぱえびせん』『豆板醤』『おろしにんにく』『おろししょうが』を入れてさらに炒めます。(弱火)
    f:id:foodtag:20200819230006j:image
  3. 全体が馴染んだら『酒』を入れます。
    f:id:foodtag:20200819230059j:image
  4. 『野菜一日これ一本(一杯)』『豆乳』『水』『赤唐辛子』『ナンプラー』を加え、みじん切りした『パクチーの茎』を入れます。(お好みでレモングラスを入れます。)
    f:id:foodtag:20200819234952j:image
  5. 弱火で6~7分程煮込みます(少し濃度が付くくらい)。火を止める直前に『レモンスライス』1枚分の果汁を絞って混ぜ合わせます。
    f:id:foodtag:20200819235248j:image

③麺を茹でる

  1. 沸かしておいたお湯で『生麺』を茹でます。
    f:id:foodtag:20200820000147j:image
  2. 茹でた『生麺』を水で洗って『ぬるみ』を取ります。

④仕上げ

  1. 麺の水気をよく切って器に盛ります。
  2. スープを器に入れて『パクチー』の葉と『レモンスライス』2枚と『ミニトマト』を添えて出来上がりです。
    f:id:foodtag:20200820163702j:image

調理ポイント

終始【弱火】で調理しましょう。

弱火でじっくり炒める、煮込む。

こうすることで、海老の芳ばしさと旨み、唐辛子の辛味、パクチーの風味をしっかり引き出します。

辛味が得意な方は『海老』を炒めるタイミングで『赤唐辛子』を入れます。

さらに辛くしたい場合は『豆板醤』を足してください。

もしもスープが残ったら

ご飯とミックスチーズを入れてレンジでチンすれば『トムヤンクン風チーズリゾット』に早変わり!

是非お試しください。

読んでくださってありがとうございました。